耐震、制震、免震の違いとは?

地震大国と言われている日本では、住宅を建築する際に地震対策は不可欠と言われています。
地震対策の技術は日々進化しており、地震の揺れから住まいを守るための構造には3種類あります。
「耐震構造」「制震構造」「免震構造」の3種類です。
コスト面や地震に対する強さがそれぞれ異なるため、予算との兼ね合いも考えながら、どの工法を
検討する必要があるでしょう。

 

耐震構造とは?

広く一般的に使われている工法で柱・梁・筋交いで揺れに強い壁を作り、金物で緊結することで、強力な体力壁を作り、地震の揺れに耐えられる構造を作る工法です。地震に対する耐久度はこの壁の量によって決まってきます。比較的にコストを抑えて作れるのが特徴で、揺れに対してはあくまで耐えるための構造なので、他の工法と比べると揺れが大きくなり家具の転落の可能性もあるため、転落や転倒防止対策をしっかりと行っておくべきでしょう。

 

制震構造とは?

制震構造とは建物の内部に地震の揺れを吸収するための制震装置を取り付けたもののことです。少し前まで制震装置の取り付けに数百万かかっていましたが、少しずつ普及が進むにつれ、コストダウンが進み、耐震構造と比べると高くはなりますが、比較的安価で取り付けが可能になってきています。耐震+制震の構造により、地震にも強く、地震の揺れも抑えた商品も生まれてきており、少しずつ普及が進んできてると言えるでしょう。

 

免震構造とは?

基礎に免震装置を設置することで、地盤と建物を切り離し、地震の揺れを建物に伝わりにくくする工法のことです。免震装置には、ペアリングや積層ゴムなどが使用されています。免震は大きな地震が起きても地震の揺れが建物に伝わりにくいため、大地震に強いと言われていますが、コストがまだまだ高いなど普及しづらい状況にあります。また、免震装置の設置自体が高いことと、地盤が強固でないと設置できないため、地盤が緩い場合は地盤の強化に費用がかかるため、更に高額になることも…。コストも高くまだまだ免震構造の普及には時間がかかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>